自動車任意保険の仕組み

自動車任意保険の仕組み

自動車任意保険の仕組みはちょっと複雑でわかりにくいですね。

 

しかし、この仕組みのおかげで保険会社を変えても保険料が割安のまま契約できるという利点があります。
自動車保険を個人契約する場合、ノンフリート等級というものがあります。

 

これは一番最初に保険に加入した際に、6等級からスタートして1年間無事故であれば1等級上がって7等級になり保険料が安くなるのです。
それが繰り返されることでどんどん保険料が安くなり、最大20等級になると最初の6割引きになる保険会社もあります。

 

そうなるとなかなか保険会社を変更できなくなりそうですが、このノンフリート等級は保険会社を変えても引き継ぐことができるのです。
だからこそ、保険会社はサービスをよりよくしようと切磋琢磨するわけです。

 

では事故を起こしてしまった場合はどうなるのでしょう?
それは事故の内容にもよりますが3等級ダウンのものや、1等級ダウンのものなど様々です。
等級がダウンすると保険料が上がってしまう仕組みになっています。

 

事故ではないけど保険を使う場合もあります。たとえばガス欠でロードサービスを使ってしまった場合などです。
この場合は等級ダウンはしませんのでご安心ください。