任意保険の補償

自動車任意保険の補償内容とは?

自動車任意保険は、車を運転するなら加入しなくてはならないものです。

 

保険料が勿体ない、自分だけは事故を起こさない・・・そんなことを思って加入しないまま、万が一事故をおこしてしまったらその後の人生は事故の精算に追われる日々になってしまうかもしれないのです。

 

では任意保険の補償とはどんなものがあるのでしょうか?
相手がいる事故を起こした場合、相手への補償と自分への補償が発生します。

 

まず相手への補償です。
@対人補償:相手の怪我・傷害・死亡などに備えます。無制限にしておきましょう。

 

A対物補償:相手の車を破損させた場合や、民家の壁に突っ込んだ場合などに備えます。こちらも無制限にしておきましょう。

 

そして自分への補償
B人身傷害か搭乗者傷害:自分と同乗者の怪我・傷害・死亡などに備えます。事故の相手が保険未加入だった場合なども考えて、少しは付けておくと安心です。
2つの違いは保険が下りた時の支払い方法が異なります。

 

C車両保険:自分の車の破損に備えるものです。つけておくと安心ですが、保険料がかなり上がります。事故だけでなくイタズラや水害などに備えるためにつける人もいます。ただ古い車の場合は事故の時に修理するよりも買い替えを検討することが多いため、車両保険は付けないという選択肢も可能です。

 

 

簡単に言うとこのようにわけられます。